やはり楽器シニア初心者は大正琴 2015年10月6日

津軽三味線に抵抗のあるシニアが、楽器を触ってなくてやるのなら、大正琴の方が良いと前から思いますね。
あれを弾けなかったら、事実上、楽器を弾く能力がないのと同じくらい簡単です。
道を歩く時、人間は意識せずに足を動かしますが、杖をついて歩く人もいます。車椅子で歩く人もいます。大正琴はシニアカーくらい、動かさずに移動出来るレベルの楽器で、名前がついて茶飲み友達も出来、それで面白い楽器ですから、結構やりがいはありますよ。

どれだけ演奏が複雑かというより、そのジャンルが好きか嫌いか、目的は何なのかという事も結構大事だと思いますね。
澤田流の先生の前で何年も通っていて、曲を弾く事が出来ないおばあさんがいましたが、それでも奥伝まで行っていましたね。
それって先生から見たら、やりがいがあるのかもしれませんね。

まあ、日本の楽器で特徴なのが、先生に対してどういう接し方であるか、人間性もとても大事です。
よくいう昔は津軽の先生って凄く怖かったとか、そんな事を聞きますけど、今は和楽器の先生って、結構ライトな人が多いと思いますし。
こちらが謙虚にどうやったらいいでしょうかと節度を踏まえた上で、頭を下げる感覚でいけば、先生も気に入って下さるでしょうし、それが面倒でなければ、上達も割と早いようにも思えます。


Categories 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です