生きている今を楽しくしましょう 2015年10月6日

昨日の朝ですが、母が「父さん、よく坊主の番組見るね」と言っていました。
好きなのでしょうかね。最近なんたら宗の僧侶が、テレビで読経したり、説法している番組やっていますよね。
母によると、自分の死期が近いからだろうという事で受けました。

やっぱり笑いがあった方がいいですよね。聖職者の説法は、時と場合によっては、眠くなる場合や、うざく感じる人もいると思います。
この番組を見る人の傾向性は、心の中で平和で安穏としたものを求めているのでしょうね。
でも、聖職者があなたにする事は、あんまり凄い事ではないような気がしますね。
あなたは説法が好きなのですか。
墓に知らない僧侶がお経をあげてもらって、それが本当にあなたが幸せになるのに、お金や墓代や法要に意味はありますか。
聖職者が全て生を終わった後の幸せを取るのなら、あなたは生そのものをどう捉えますか。

生きていて楽しいと思う、それが一番大事です。理想や空論より、どう人生を楽しむかです。死んだ後なんて正直、誰も分からないでしょう。
それで僧侶に金払ってお経をあげてもらいたいと僕は思わないですね。死んだあと何なのか、宗派によって違う考え方で、分からないですしね。

それをするのなら、生きている今を楽しむ事ですよ。親父のサラ金は死期を近くするよなあと思いますけどね。


Categories 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です