首のブツブツは、老人性いぼらしい 2015年10月6日

首にできるブツブツ、気持ちの悪いイボ。どんどん増えていくものです。手触りが悪く、自分で触るのいやになるのです。特に増えてしまったのは、二人目を、妊娠中でした。高齢での妊娠中だったからでしょうか。私は、38才でした。

このイボは、増えるだけでなく、びよんと伸びるほど、大きくなっていきました。引っ張っても、なんの感覚もなく、このままちぎってしまえばどうだろうと思ったりもしたのですが、怖い気持ちとなんとか、ツルツルの元の首にならないかと、雑誌やネットで探してみました。ハトムギエキスもイボに効くとありましたが、取れるまでには時間がかかるそうです。私が選んだ対処方法は、皮膚科で窒素で焼く治療です。早速皮膚科へ相談に。すぐに治療してもらいました。綿棒のようなものを窒素を浸し、器用にイボ一つ一つにつけていくのです。痛みはまるでありませんが、それだけで取れる訳ではありません。

それから、普通に生活していくと、イボがだんだん大きく膨らんでいきました。ちょっと人に見せられるものではなく、ハイネックの服で隠していました。それから、膨らんだイボがカサブタになり、ポロっと全部取れていきました。凄い快感です。ツルツル首が綺麗になりました。

自宅で老人性いぼを治すにはイボの除去クリームを使うのが良いとされています。


Categories 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です