首に手を当てた時に「なんじゃこりゃあ!」 2016年6月26日

3561118437_1455631453_z

何気なく首元に手を当てた時に、今まで感じたことのない感触を覚え、鏡で首元をみたところ、私は思わず「なんじゃこりゃあ!」と大きな声を上げていました。

そこにあったのは細長いまるで毛の様ないぼでした。

もしかしたら癌になったのかも、こんないびつな形状は癌に違いない。

それに今まで生きてきた長い年月の間で、こんなできものが出来た試しはないし、人からそんな話も聞いたことはない。

家族に相談することも気が引け、私は半ば意気消沈した様子で、ネットで自分と似たような症状の方をぽちぽちと検索しました。

2時間ほど検索してみましたが、検索していく中で、どうやら私の症状は皮膚がんなどのがんの症状とは少し違っているように感じたので、私は少し方向性を変えて「毛 細長い できもの」と検索してみました。

その中で気になったサイトを見ていると、そこには私の症状と瓜二つの記事がありました。そこで初めて私のいぼがなんであるのかがわかりました。

私のいぼはいわゆる首いぼの一種でスキンタッグといわれるものでした。非感染性で加齢とともに出来てくるいぼで、こすれなどの刺激をきっかけにできるそうです。

私はそのまま絆創膏を付け放置した後、きれいに消滅しましたが、大きく育ったいぼなどは治療の必要があるそうです。

そういった場合は首イボ専用のクリームなどを塗ると、ポロポロと取れるようです。

偶然発見した、首イボについて解説しているサイトでも、首イボクリームの体験談や口コミをはじめ、病院で治す方法や症状からどういった種類のできものなのか、詳しく知ることができました。

こういった詳しく解説しているサイトを見ながら、自分でも知識を深めていくことの大切さを知りました。

とにかく、首にできたできものは、諦めずに手当をすればすぐに取れるということがわかったので、良かったです。

首に手を当てた時に「なんじゃこりゃあ!」 へのコメントはまだありません
Categories: 未分類